スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配信環境

リクエストがあったので僕の配信環境について書きたいと思います

グラフィックボード: GeForce GTX 670
CPU: Intel(R)Core i7-3770 @ 3.40GHz
HDD: 2TB(SDDではない)
ネットワーク環境: 光+無線 下り:15Mbps 上り:3.8Mbps
http://www.musen-lan.com/speed/

配信ツール:Open Broadcaster Software (OBS)
http://obsproject.com/

基本的にはこちらのサイトを参考にして始めました
http://d.hatena.ne.jp/ragoo/20130514

まずはTwitch.tvでアカウントを取得
http://ja.twitch.tv/

細かい設定は画像で貼っておきます

SnapCrab_NoName_2013-11-13_20-26-23_No-00.png
ビットレートは受信側の環境も考え1300に、1500~2000にすると非常に高画質だが回線が悪い視聴者は
カクカクになります。下げると誰でもスムーズに見られるが画質が非常に悪くなります。

ビットレート:1秒間にどれくらいの容量をもつ映像にコーディングするかの数値。
(1300Kbit/sec)ならば1秒間につき1300Kbitの映像をTwitchにアップロード・視聴者に配信することになります


PCのパワーが弱い場合、この数値を高くするとPCの負荷があがります。これによりLoLのFPSが下がります。
上り回線が遅い場合、この数値を高くすると視聴者の環境に寄らず、配信がカクつきます。
1000ℓ/秒しか水を流せない川に1500ℓ/秒で水を流せないのと同じ理由です。
個人的にはLoL自体で1000ℓ/秒、他のアプリケーションで1000ℓ/秒ぐらい占めている感覚です。
残りの回線容量の一部を考えてこの数値を設定すると良いです。

SnapCrab_NoName_2013-11-13_20-26-34_No-00.png

このページには説明は特に不要

SnapCrab_NoName_2013-11-13_20-27-2_No-00.png

解像度を1.0にすると高画質(この場合HD画質)の配信になりますがその分、エンコードに要する
処理量が非常に多くなります。1.5にすることで概算で処理量が2/3までおちます。僕のPCではこれが適量。

2.0以下にすると細かい文字やエフェクトが大分つぶれる印象。できれば1.5程度で抑えたい。

FPSは1秒間に何枚のピクチャをエンコードするかの数値。当然30にすれば60と比べて処理量は半分近い。

一般的に「ぬるぬる」動くように見えるのが50FPS~60FPS、気持ち悪い画質を目指す場合は100~120。

ただしLoLのFPSを越えた値を設定しても勿論ですが映像が滑らかになるわけではなりです。


SnapCrab_NoName_2013-11-13_20-27-28_No-00.png

このページも特に説明することはなし。


僕の場合、配信時はウィンドウキャプチャではなく、画面キャプチャで配信をしています。

理由はLoLのPick画面のクライアントとゲーム画面のクライアントが別であるから、

あとは配信中にメモ帳だったり他のものを映す機会が多いからですかね。


もし画面キャプチャで配信をされる場合は色んな「見せちゃいけないもの」の流出にご注意ください

デスクトップなどに個人情報が残っている場合が多いので整理してから配信スタートされることをオススメします

(なお個人情報バンバン垂れ流している配信者もいる模様)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お!この記事はすごく助かります!
これでおれも配信者になろうかな~(ゲス顔)

No title

>うっしーくん
個人情報垂れ流していこう。みんなでLoLしたいな、久しぶりに
プロフィール

sekiXD

Author:sekiXD
Summoner Name : sekiXD
s2 : Silver底辺
s3 : Diamond 5
s4 : Diamond 1
Noobから頑張って這い上がりました。
New metaを探すことが生きがいです。

Twitter@Sekixd_LoL

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。